面白い動画を撮影してその魅力を知ろう

この記事をシェアする

好きなものを作る工程を撮影してみる

例えばDIYや料理など、何か日常の中でモノを作る機会を撮影するところから始めてみましょう。
デジカメなら三脚があります。そしてスマホなら自撮り棒や立脚式の撮影器具があります。
こうしたものがなくても、例えば本や書類ケースを積み立てて、その上に固定するという方法でもスマホを固定することができます。
こうして自分が作る工程を撮影してみましょう。
撮影の際のポイントは、照度です。通常よりも少し明るい環境にする方が撮りやすいでしょう。
そして長回しで結構ですから、材料の段階から完成までを撮影してみるのです。
そうすると、光の加減や撮影ポイントなどに対する工夫したい意識が生まれてきます。
こうして撮影を続けていくと、動画撮影技術はぐんと向上します。

人を集めて動画撮影してみよう

一人で撮影するだけでは面白さは変わりません。
ある程度一人で撮影に慣れたら、友人や家族に協力してもらいましょう。
例えばホームパーティの時でも良いでしょう。クリスマスやお正月、お盆の親戚縁者の集まりでも良いです。
ただ撮影するだけでも結構です。
まずは撮影してみることです。
そうするとどんな角度で撮影した方が顔色がキレイに見えるか、スリムに撮影できるか分かってきます。
大切なのは撮影したものをみんなで見ることです。意見が出てくるでしょう。
その意見が大切なのです。
自分だけで判断していても成長ということはできません。
やはり他者からの意見は自己の成長に欠かせないものなのです。
そうして撮影した仲間からの意見をもらったら、もう一度その意見を参考に撮影してみましょう。
さて周りはなんと言うでしょう。
褒めてくれたら嬉しいでしょう。その思いが動画撮影を上達させるコツです。